デリケートゾーンの黒ずみ解消をするためには?

デリケートゾーンの黒ずみは長い年月をかけて出来たもの。

 

綺麗にしていくには根気と時間が必要となります。

 

皆さんの日ごろの習慣を見直していくと、解消法が見つかるかもしれませんよ。

 

★自己処理している人?そのケア本当に大丈夫?

デリケートゾーンの自己処理は時間もかかりません。

 

ただ気を付けて欲しいことは、自己処理の際に肌を傷つけてしまっている可能性もあるということ。

 

自己処理の後、周辺がヒリヒリしたりしませんか?

 

デリケートゾーンは皮膚がとても弱いので、毛を抜く場合も同じです。

 

すぐに炎症を起こしたり、皮膚を守るためにメラニンが活性しやすくなって黒ずみができてしまうわけです。

 

デリケートゾーン専用のクリームを塗ってケアをしましょう。

 

自己処理をする際はゆっくりと清潔なカミソリで丁寧に剃るようにしましょう。

 

★下着が衣服の摩擦を少なくしよう

下着はシルク製を使っています。

 

値段は高いですが、通気性が良いので、ムレかゆみを防いでくれます。

 

綿とかシルクの下着を使うようにすると、ムレにくく、黒ずみの解消にもつながりますよ。

 

★布ナプキンで摩擦を少なくする

生理用ナプキンを布ナプキンにするのもベストです。

 

布ナプキンも通気性が良く、かぶれやすい人におすすめです。

 

★代謝がいつも活発な体作りをしよう

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 代謝の低下
  • 肌のターンオーバーの乱れ
  • ストレスによる自律神経の乱れ

全く関係ないようでアリアリのこの生理現象。

 

ホルモンバランスを安定させる

代謝が上がる

肌のターンオーバーが正常化

新しい肌がどんどん作れる

正常の肌

 

肌のサイクルもデリケートゾーンの肌も同じサイクルです。

 

食事やサプリメント・グリーンスムージーで、酵素ビタミンミネラルプラセンタイソフラボンを摂り、内側ケアすることも大切です。

 

寝不足による肌のターンオーバーの乱れなど、不規則な生活から規則正しい生活を心がけることも黒ずみ解消に繋がっていきます。

 

★専用のソープとクリームで清潔にしよう

デリケートゾーン かゆみって?黒ずみ 解消可能?

デリケートゾーンは不衛生になりやすい場所です。

 

弱酸性の肌に優しい専用のソープや、弱酸性のオーガニック石鹸で泡をしっかり立てて、洗ってください。

 

石鹸がアルカリ性だと、保湿成分もみんな洗い流してしまうため逆効果になります。

 

お風呂上がりにクリームでケアすることで、清潔をなるべく保ちやすくなりますよ。

 

黒ずみの解消はただクリームを塗るだけではなく、規則正しい生活や肌に必要な栄養素を摂ることも必要です。

 

年齢を重ねていくにつれ、女性ホルモンが低下していきます。

 

低下すると、デリケートゾーンの悩みや女性特有のトラブルは体調に影響されやすくなるので、イソフラボンやプラセンタなどを補っておくと予防にも繋がります。

 

 

デリケートゾーンのかゆみの解消方法は毎日の生活の中にある

もしかすると、デリケートゾーンのかゆみは病気のサインかもしれません。

 

デリケートゾーンのかゆみは、

  • ナプキンやおりものシートの摩擦やムレ
  • 下着や衣服の密着による摩擦
  • 雑菌や感染症のかゆみ

によって起こりやすくなります。

 

特に、生理中はナプキンでムレてデリケートゾーンがかゆくなります。

 

デリケートゾーンにかゆくなったら、清潔に保つように心がけましょう。

 

★デリケートゾーンをかきまくると黒ずんでくる

デリケートゾーンのかゆみに負けて、つい掻きむしっていませんか?

 

掻きむしってしまうと、その部分だけ黒ずみができてしまいます。

 

デリケートゾーンはいつも摩擦で肌のダメージを受けるので、皮膚の粘膜が弱くなっています。

 

掻きむしってしまうと、ますます皮膚を守ろうとして、メラニンが活性化します。

 

そのため、黒ずみが増えていってしまうのです。

 

★かゆさをなんとかしたい、どうすれば良い?

お風呂場で体を洗うときに、ぬるま湯でゆっくり泡で洗うようにしましょう。

 

弱酸性の刺激が少ないオーガニック石鹸を使って洗うと、保湿とかゆみを抑えることが出来ます。

 

ゴシゴシ洗うと、菌が繁殖してしまうので注意しましょう。

 

お風呂から出たら赤ちゃんのお尻拭きでデリケートゾーンを拭くと、意外と清潔に保てます。

 

または、デリケートゾーン専用のクリームを塗って保湿成分を与えて、刺激を守る保湿バリアを作ってあげましょう。

 

デリケートゾーンを綺麗に洗い清潔を保つことが、かゆみ予防解消になります。

 

★それでもかゆみが治らない場合

 

石鹸で洗ってもクリームで保湿しても、かゆみが治らない場合、
もしかすると、カンジタといった感染症の恐れがあるかも。

 

  • 小林製薬のフェミニーナ膣カンジタ錠
  • satoのエンペシドL
  • 大正製薬のメディトリート

といった市販で売っている薬を塗ってしばらく様子を見てみてください。

 

かゆみが解消すれば良いのですがダメなようであれば、なるべく早く婦人科に行くようにしてください。

 

もしカンジタ以外の感染症であれば、市販の薬だと効果がないかもしれません。

 

★通院しているだけてはだめ!デリケートゾーンのケアをしよう

  1. 薬で治す
  2. 病院で治療を受ける

いずれにしても1番大事なことは、日々のデリケートゾーンのケアです。

 

デリケートゾーンの環境を良くするために、

・専用の石鹸で優しく洗うこと
・専用のクリームで保湿ケアをする
・自分のサイズに合った服を着る
・通気性の良い繊維の下着をつける

などして、代謝を上げるように心がけましょう。

 

体の不調がデリケートゾーンのかゆみの原因です。

 

規則正しい生活を送ることが、デリケートゾーンのかゆみの予防になるのです。

 

 

探せばあるもんだ!デリケートゾーン専用のクリームのおすすめ○選

デリケートゾーンのケアをしたい時に必要なのが、デリケートゾーン専用の石鹸やクリーム。
クリームを選ぶ時に覚えておくポイントをお教えします。

 

★デリケートゾーンのケアは弱酸性の商品を選ぶ

デリケートゾーンは自分で細菌の侵入を追い出す力があります。

 

石鹸やシャンプーでアルカリ性と弱酸性の2つの商品がありますが、肌に近い石鹸を使うのであれば、弱酸性の商品を使いましょう。

 

アルカリ性だと必要な成分までも洗い流してしまうため、雑菌が増殖してしまう恐れがあるのです。

 

弱酸性の商品でデリケートゾーンをケアすることで、雑菌作用や臭いを防ぐことができます。

 

デリケートゾーンはいつも外部の刺激を受けていて皮膚が弱いので、皮膚の保湿バリアを作るケアはニキビ対策と変わりません。

 

顔のケアよりも慎重にケアしないといけませんね。

 

★デリケートゾーンのクリームでゆっくりじっくりケアしていこう。

デリケートゾーン専用のクリームを塗ったからといって、すぐに効果が出るわけではありません。

 

黒ずみは人間が成長していく期間と同じ長さで、蓄積してきたもの。

 

大げさですが、おばあちゃんになるまでケアする気持ちで始めることをおすすめします。

 

それでも気になるのなら、美容皮膚科で治療するのも1つの方法です。

 

★おすすめのデリケートゾーン専用クリーム3選

お待たせしました。

 

私が実際に試してみて肌に合ったクリームを紹介します。

 

敏感肌、乾燥肌、それ以外の肌質でも使えるように調べてみました。

 

イビサクリーム

デリケートゾーン かゆみって?黒ずみ 解消可能?

デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームといっても良いでしょう

 

最後の主題歌でこのクリームに行きつきました。

 

美白効果、黒ずみ解消が出来る人気のクリームです。

 

こちらも雑誌に紹介されてた注目度の高いクリーム。

 

炎症を抑えるグリチルリチン酸2K

 

メラニンを活性する力を抑えるトラネキサム酸

 

この薬用成分と肌に優しい保湿成分、臭いを防ぐ天然由来成分が含まれています。

 

かゆみ、ブツブツ肌に悩んでいる人に是非使っていただきたいクリームです。

 

肌に優しい天然由来の成分が含まれているクリームで、デリケートゾーンの美白臭い黒ずみの解消をゆっくり時間をかけてケアするアイテムとしておすすめです。

 

乾燥肌、敏感肌向けのクリームですが、それ以外の肌でも使えます。

 

 

ヴィエルホワイト

デリケートゾーン かゆみって?黒ずみ 解消可能?

デリケートゾーンの黒ずみを美容皮膚科で治療しているという事例があるほど、すごく気になる部位のケアにおすすめの商品です。

 

20代から30代向けの女性雑誌に紹介されているクリーム。

 

医療関係者にとても関心が高いクリームで、天然由来の成分を皮膚の奥まで浸透させる低分子化させて、メラニンを作らせないリポゾーム化の美白ケアが自宅で簡単に出来るということです。

 

デリケートゾーンの他に、ひざワキ、などの黒ずみになりすい部位に使用が出来て便利なクリームです。

 

 

臭いやムレをケアしたい!

デリケートゾーン かゆみって?黒ずみ 解消可能?

アンティームフェニミンウォッシュ

  • クリームと一緒に使ってほしいアイテムです

臭い、ムレをしっかりガードしてくれる弱酸性のソープです。

 

洗った後のすっきり感はたまりません。

 

 

皮膚の専門家ぎ作った 黒ずみ解消のクリーム

デリケートゾーン かゆみって?黒ずみ 解消可能?

ドクターシーラボの薬用ボディ・ピンク

 

最初に使ったクリームで、つけてみてしっとりした感覚が好きでした。

 

デリケートゾーンのブツブツが気になっていたので、使っていました。

 

べたつかないので、つけた後に下着をつても大丈夫です。

 

 

ピーチローズ

デリケートゾーン かゆみって?黒ずみ 解消可能?

 

口コミNo. 1のデリケートゾーン専用クリームです。

 

ヒップ向けのクリームだけど、デリケートゾーンのケアにぴったりです。

 

体全体に使えるクリームですが、デリケートゾーンのクリームでも使えます。

 

お尻とデリケートゾーンは、下着や衣服の摩擦で肌の炎症がおきやすい環境です。

 

ニキビよりも効果が遅いのは確実ですが、プラセンタ、セラミドといった美白成分で、保湿バリアを作ってくれます。

 

黒ずみ解消にもってこいのクリームです。

 

このクリームの特徴は肌の奥までピンポイントで浸透していき、

  • 黒ずみの原因であるメラニンを抑えること
  • 皮膚を守る保湿バリアを作る作用

で黒ずみを解消していきます。

 

ポイントは

  • クリームをあまり塗らないことと
  • 1ヶ月分であれば1ヶ月きっちり使い切る

この2つです。

 

使いきらないと成分が古くなり、雑菌が繁殖してしまうので注意してください。

 

朝晩2回のケアに慣れるために頑張って、続けていきましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

かゆみ、臭い、黒ずみによく効果があるクリームや石鹸を選んでみました。

 

デリケートゾーンのケアは根気が必要です。

 

長い目でかゆみ、臭い、黒ずみを解消できるように一緒に頑張りましょう。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみは恥ずかしい?その原因って何?

デリケートゾーンは、お尻と同じで体の中で一番不衛生になりやすい部位です。

 

感染症になりやすく、常に清潔を保ちたいところです。

 

デリケートゾーンの黒ずみは結果を言うと、あまり気にしなくても良いということ。

 

ここの部位はもともと黒いのですから。

 

★それでも気になるデリケートゾーンの黒ずみの正体とは?

私たちは普段、下着を365日、毎日身につけています。

 

下着とデリケートゾーンが密着しているため、部位の皮膚を守るために、働く成分があります。

 

それが、メラニンです。

 

外部からの刺激が強いので皮膚をがっちり守らないと、殺菌が侵入しやすい状況になります。

 

そのような状況を防ぐため、デリケートゾーンには自分で自分を守る自浄化作用があるわけです。

 

★ストレスや代謝の低下が起こると、その作用も低下する

  • デリケートゾーンの皮膚にブツブツができた
  • かゆい

などのトラブルが発生する場合、デリケートゾーンの自浄化作用は低下していき、細菌が侵入しやすくなります。

 

代謝の低下は全ての機能低下に繋がるので、常に代謝を促進する必要があります。

 

デリケートゾーンの黒ずみの一番の原因は代謝の低下なのです。

 

  1. デリケートゾーンの黒ずみの原因
  2. 下着との摩擦でメラニンが活性している
  3. 代謝の低下による肌のターンオーバーの乱れ
  4. 生理用ナプキンが原因のかゆみ、かぶれ、摩擦
  5. 肌に合わない石鹸を使っている
  6. デリケートゾーンの脱毛

 

ストレスや不規則な生活は体全体の不調を引き越していることが分かりますね。

 

生活を見直すことが、デリケートゾーンのケアの第一歩です。

 

★デリケートゾーンの黒ずみを綺麗にするためには

お風呂場で洗っていても石鹸やボディーソープが肌に合っていなければ、洗っているつもりが逆効果になっているかもしれません。

 

残念ながらデリケートゾーン専用のソープが少ないですが、ネット通販でも購入はできます。

 

まずは、お風呂場でしっかりデリケートゾーンを専用ソープで洗うようにしましょう。

 

専用ソープが見つからない場合、オーガニック石鹸でも構いません。

 

弱酸性で、天然由来の成分、保湿成分が含まれている石鹸で応用が出来ます。

 

アロエ・大豆・ソウハクヒエエキス・ザクロエキスなどは、黒ずみや臭いを抑える効果がありますので、使ってみてください。

 

★デリケートゾーンも衛生的に美白ケアを心がけよう

デリケートゾーンはメラニンが活性化しやすい部位です。

 

ビタミンC誘導体・プラセンタ・セラミドが含まれている美白ケアの製品を、お風呂上がりに毎日根気よくつけることが大切です。

 

メラニンは決して悪者ではありません。

 

私たちの髪の毛が黒いのは、メラニンのおかげですからね。

 

自分の体調管理をしっかりやらないと、年齢を重ねるためにどんどん乱れてしまうので、体全体のケアも忘れないようにしましょう。

 

 

 

参考サイト

デリケートゾーン黒ずみの原因って何?有効なケア方法とは…
http://デリケートゾーン黒ずみd.xyz/